賃貸物件の築年数について

賃貸物件は新しい物件ほど人気があるとは一概に言えません。
築年数が結構経っていても、近隣に買い物する場所が多いなど、生活する際に便利な場合は空き家が出てもすぐに次の契約者が決まってしまう物件も多いです。
その物件がなぜ人気なのかは、長年そこに住んでみて初めて分かることもあります。
しかしいつみてもほとんど空き家のない住宅というものは、何か理由があるものです。
簡単な事例で言うと坂道です。
最寄りのバス停まで毎日歩く人にとっては、坂道はあるよりもない方が体力的にも楽です。
従ってちょっとした坂道があるかないかで物件の人気に差がついている場合もあるのです。
これは買い物に自転車を利用する場合にも大きな要素になるもので、自転車を利用する人も坂道を敬遠する人が多いのです。
また、コンビニの近くの物件も人気です。
新築物件というのは何もなかった土地に建てられることが多いので、新しすぎると近所に店が少ないといったこともあります。